「かわいー」のその先へ。

カトリントーキョーというサイトを始めた。

 

韓国のオシャな服を買ってきて、日本人に売りつけるためのサイトだ(言い方)

 

裕福な日本人から合法的にお金をむしり取るためのサイトである(悪人)

 

日本人(ジャポネ)が汗水垂らして稼いだお金を、ただただ無慈悲に奪っていくためのサイフだ(サイフて)

 

もともとオシャな女の子が、オシャな服を売って日本人(ジャップ)どもから金を巻き上げようということで始まったこの企画。

 

非常に順調に進んでいる。

 

それはひとえに、代表のオシャな女の子の頑張り、今までの蓄積があったからこそである。

 

アパレル。

 

それは過去の本田幼児(僕)から最も遠いところにあった業界である。

 

なんせ着ている服は基本UNIQLOやGU、靴下やパンツに至っては100均で済ますタイプの人間である。

 

アパレル業界、特にオシャな業界人からしたら言語道断、厚顔無恥、焼肉定食で満身創痍である。

 

そんな人間がこんなオシャなサイト運営に携わっているなんて、消費者はゆめゆめ思わないだろう。

 

ゆめゆめゆめ思わないかもしれない。

 

しかし私は運営に携わっている。

 

主な役割はオシャな女の子が買ってきたオシャな洋服を見て「かわいー」と言うことである。

 

もちろん、それはお世辞などではなく、心の底から「めちゃくちゃかわいいな」と思って言っているのだが、いかんせんアパレルの語彙がない。

 

「かわいー」以外でなんて言ったらわからない。

 

「かわいー」という感情を、他の言葉でどのように表現したら良いかわからない。

 

結果的に「かわいー」を連発することになる。

 

「かわいー」って500回ぐらい言うことになる。

 

しかし人間は成長する生き物だ。

 

ご多忙に漏れず人間な私も、確実に成長してきている。

 

ただ「かわいー」と言うだけではなく、いろんな表現方法を学び、実践している。

 

厄介なことに、人は何か新しいことを学ぶと、他の人に教えたくなるという習性がある。

 

そうやって人間は豊かな文化を育み、高度な社会性を構築してきた。

 

おそらく今この文章を読んでいるような輩は、オシャのオの字もわからないような野蛮人ばかりであろう。

 

控えめに言って野蛮人、はっきり言って蛮族の類であろう。

 

今回はそんな北京原人の君たちに、オシャを表現する3つの言葉を教えていきたい。

 

これを実践すれば、君たちもジャワ原人レベルから、クロマニヨン人レベルまで一気に到達することができる。

 

ジャワ原人とクロマニヨン人ではえらい違いである。

 

どれぐらい違うかというと、ぶどうとレーズンぐらい。それぐらい違う。

 

レーズンはぶどうを乾燥させたものと言われているが、それは真っ赤な嘘である。

 

よく知らないが、おそらく何かしらの加工が、とても高度な加工がなされているはずだ。

 

それぐらいレーズンは美味しい。

 

節分ではぜひ豆ではなく、レーズンを撒くように変えていきたい。

 

「豆を年の数だけ食べる」などというよくわからないマイルールも、「レーズンを好きなだけ食べる」とかにすれば、全員が幸せになれるはずだ。

 

覚えておいてほしい。レーズンは人を幸せにする。

 

レーズンにはその力がある。

 

 話を戻す。

 

オシャを表現するための3つの言葉である。

 

⑴「もはやかわいいとかいうレベルではない」

 

これである。

 

散々っぱら「かわいー」を連呼してきたくせに、ここで一気に突き放す。

 

そういうんじゃない。もはや、かわいいとか、そういうんじゃない。

 

そういうことが言いたいんじゃない。違う、そうじゃない。

 

「かわいー」とか、そういうんじゃない。もう全然違う、みんな違う、全員違う、みんな違ってみんないい。

 

この表現方法は、かの有名な熊谷さんのブログのタイトルと同じですね。

 

蛇足になりますが、熊谷さんのブログは絶対に読んだ方がいいよ。

 

いや、絶対にってわけでもないか。うん、別に人生における、それこそあなたのライフプランにおける必要絶対数では確かにないかもしれない。

 

でも面白い。めちゃくちゃ面白い。今のネット界隈で笑える記事書く人といえばこの人。

 

面白い記事書いている人はたくさんいるけど、マジで笑えるレベルは熊谷さんぐらいじゃないかなあ。昔はLIGも笑えたけど。

 

熊谷リスペクト。

 

⑵「かわいー時代は終わった。」

 

これである。

 

もはや「かわいー」という表現を一旦、「時代という枠組み」まで昇華させる。その上で落とす。もはや終わったのだと。

 

こうすることによって、「かわいー」なんてレベルではないよということを伝えている。

 

もうその上、「かわいー」の上。遥か上。「かわいー」のその先へ。

 

「かわいー」なんて言ってた時代もあったね。そう笑いあえる時がくるよ、きっと。

 

この表現方法はかの有名なブログのタイトルと一緒ですね(デジャビュ)

 

そうです、加藤はいねさんのやつですね。

 

もはや伝説。生きる伝説。多分、うん、まだ生きている、伝説。

 

最初に読んだ時の衝撃。人は文章だけでここまで人を笑わせることができるのかと。

 

あまりに有名。あまりに天才。あまりに遅筆。

 

もはやここ何年かは一年に一回更新あればいい方。

 

誰かあの人がブログ書けるように環境整えてあげようよ。看護師もめちゃくちゃ立派な仕事だけど、はいねさんにはぜひブログ書いてて欲しいよ。

 

読んでない人はネット民じゃない。そうまで言われるほどの大作。どれもこれも、最高に面白い。

 

次行きます。

 

⑶「一旦横になりたい。」

 

これである。

 

もはや「かわいー」という単語すら出てこない。

 

昇華というか蒸発。

 

「かわいー」を蒸発させた形。

 

一回ここで「かわいー」を蒸発させることによって、「かわいー」の本来の旨味を引き出します。

 

そしてこのまま一回寝かせます。一晩寝かせた方が「かわいー」の本来の旨味を引き出せるんですね。

 

と、このように。

 

一旦横になるぐらい。

 

それぐらい「かわいー」ということ。

 

「かわいー」を、さらに上位互換するために、「かわいー」を使っているようではダメ。

 

「かわいー」のその先へ(あれ、これさっきも言ったな)

 

つまり、アパレル業界に勤めたいと思ったら、『「一旦横になりたい」ぐらいかわいいですね!』って言えばいいと思う。

 

すぐに上役とケアマネとの三者面談。休職。入院。手術。リハビリ。社会復帰。

 

明るい未来があなたを待ってる。

 

現場からは以上です。